ホーム > 注目 > 脱ゆとり教育は順調に進んでいる?

脱ゆとり教育は順調に進んでいる?

国際数学・理科教育動向調査で

小中学校で過去最高点になったという

こと。

 

これまでゆとり教育で成績が

下がってきたのが脱ゆとりと

いうことで上手くいっているようです。

 

ただ、本当にこれは価値が

あるのでしょうか?

 

ネット上の反応を見ますと

 

厳しい市場経済には競争は不可避。勉強が出来れば他は要らないという事はないが、全てに競争の意識をもって研鑽に励む考え、自分の得意不得意の見極め、一番になることの難しさは学校教育で学ぶべき。

 

 

ゆとりがかわいそうだな。失敗作だって言われてるようなものじゃない。

 

今のやり方で

「文部科学省は自信を深めている」

「得点も上昇しており、指導要領の中身を大きく見直す必要はない」

というなら、なぜ今のやり方のままにせず、

「新指導要領では、「アクティブ・ラーニング」を導入する」

とか言い出すのか。

 

文科省が自信つけてどうする?

子どもたちを成長させるのが先決だろ。

 

上の世代がゆとりに対応できてないだけなのにね、これ。

 

ゆとりというのは間違っている。日本教育の「手抜き」というべき。

自分達が格差社会を作る原因の一端となっている自覚があるのか?

 

文部科学省は現場を知らないバカの集まりだから、何をやってもうまくいくはずがない。早く解体して欲しい

 

「ゆとり」なんかやってるから、いじめが横行する。

悪が社会を支配する。

 

このようないろいろなコメントが出ていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DCCの評判とダイエット


関連記事

  1. 情報不足が命取りになる

    断られたお店も多く、ギフト券が流通していない事を強く感じました。 また、amaz...

  2. 脱ゆとり教育は順調に進んでいる?

    国際数学・理科教育動向調査で 小中学校で過去最高点になったという こと。 &nb...

  3. フラッシュモブでサプライズを考えてみた

    フラッシュモブでサプライズを考えてみたいと思いました。   全日本フラ...